“響”とは

管絃樂團“響”とは

「オーケストラは生きている いいメンバーといい音楽を演奏したい」
そういう思いのもとに集まったメンバーで、1998年11月に結成されたアマチュアオーケストラです。

ロマン派や古典派の曲の中でいい曲でもアマチュアオーケストラでは普段あまり演奏されない曲、 ちょっと粋な近現代曲などを演奏会で取り上げています。 東京都内を主に活動の拠点としています。

響の雰囲気

響の雰囲気

管絃樂團“響(ひびき)”は、20-30歳代の年齢層が多く、歳が近いためとってもアットホーム。「仲間」を大切にする雰囲気の良さが自慢のオーケストラです。

練習期間について

仕事との両立が難しい、そんな方でも練習日は日曜午前中、月に2回なので無理なく参加できます。 練習日程はこちらをご参照ください。 演奏会も2年に3回のペース。約8ヶ月の長い練習期間があるから無理なくじっくりと曲を仕上げていくことができます。

楽しいイベントも色々

合宿やその他イベントも盛りだくさん!
響では練習以外も団員同士で交流を楽しんでいます。
新しい出会いがあるかも・・?。

素敵な選曲

そして選曲のセンスの良さにも定評がある“響”。スタンダードな曲が中心ですが、 “他ではあまり演奏されないけれどいい曲”にもチャレンジします。今までとりあげられた曲も、演奏者はもちろん、聴衆も好きになる素敵な曲ばかりです。 →これまでの演奏会履歴